全国郷土料理の旅(番外編) INカナダ バンクーバー

 


はじめまして、栄養課の奥園です。                   こもれびの栄養課では日本全国郷土料理の旅と題して、毎月のようにテーマを決めて調理しご利用者の皆さんに楽しんで頂いています。これまで沖縄を含めた九州と四国を旅して、本州は中国地方に足を踏み入れたところです。

 


今回、皆さんにご紹介させていただくのはオリンピック開催を祝して番外編のバンクーバーの郷土料理です。皆さん、ご存知とは思いますがバンクーバーオリンピックは2010213日から31日までの期間にカナダのバンクーバーを主な会場として開催される第21回の冬季オリンピックです。


オリンピックのロゴマークは、先住民族のイヌイットの人達が石や岩を人間が両腕を伸ばした形のように積み重ねたオブジェです。その意味には大平原の旅をする時の道標であったり、その土地にやってきた人々を歓迎するものだそうです。
 えびピラフ・白身魚のフライ・ほうれん草サラダ・ワンタンのごまスープ・果物(苺)・アサリの佃煮風がこの日の番外編メニューでした。


私もはじめて知ったのですがバンクーバーは多国籍の人たちが多く暮らしいるのと海に近いため、特段の郷土料理らしきものはないようで、シーフード料理が定番料理のようです。




えびピラフはカナダ国旗をイメージしているんですが・・・
すべっていませんよね。 

デイサービスこもれびで初詣にいきました

 

 デイサービスこもれびは中規模の通所介護事業所で毎日20~25名のご利用者が通っていらっしゃいます。法人は36524時間の生活支援を方針にしており、日曜日や祝日も稼動し、お正月の稼動は8年目を数えるようになりました。ご利用者一人に職員3人を配置し厳しい運営ながら、継続してきた今年は「デイサービスの仲間とお正月を迎えよう」と10名の方々にご利用いただきました。


 栄養課職員の心のこもった御節料理をおいしくいただきました。


 今年も皆さんが健やかで暮らせますように、安心した暮らしが続けられますようにお祈り申し上げます。


  
とっても豪華ですね          「おいしかバイ!!」

お年寄りの力の発見・・・ケーキとおでん編

 

昨年の1220日に「さざんかユニット」でおでんとケーキを作ってクリスマスパーティをしました。「さざんかユニット」は短期(ショートステイ)のご利用者がほとんどで、利用されないときはご自宅で暮らしていらっしゃいます。皆さん包丁を手にするのは久しぶりのようで、「できるやろか?」「わたしゃ、しきらんよ」と口々におっしゃっていましたが、始まってからの変貌に職員は唖然としました。皆さん見事な包丁さばきで、恥ずかしながら私なんて「お呼びじゃない」ってな感じでした。


おでんをじっくりと煮込んで、パーティの始まりです。職員も一緒になってクリスマスソングやなつかしの歌を唄ったり指を使ったリズム体操で盛り上がりました。皆さん口々に「久しぶりに体を動かした」「してみると難しかね」「歌を唄ったのは久しぶりやった」と初めてのクリスマスパーティを絶賛してくださいました。


出来上がったおでんは何十年もの間に鍛えられた舌と包丁さばきが奏でるハーモニーの結晶で「作りすぎたかな」と思っていましたが大好評であっという間に完食です。


 ご利用者が短期利用ということもあって一緒に何かを作って食べる機会が作れないのですが、あんなに喜こんで頂けるなら・・・。今後も定期的に行っていきたいと思います。



ま~、それまでには「私も少しは料理の腕を磨いておかなくっちゃ」と誓いを新たにしました。



 ケーキ作りはは初めてで真剣です。
 
できました~。 星3つ!!

こもれびに赤鬼がやってきた

 

 こもれびでは23日の節分に豆まきをしました。男性介護職員が赤鬼に変身して、8つのユニットを「鬼は外。福は内」と叫びながら練り歩きました。


 節分は「季節が分かれる」という意味があり、立春の前日にあたります。本来は春だけではなく、立夏、立秋、立冬と4回あるそうで、中国から伝えられた習俗なのだそうです。春を迎えるにあたり邪気や災難を払い、福善を願う春の行事で、自分の年の数だけ炒った豆を食べると1年病気にならないらしいのですが・・・。 
皆さん、ちゃんと年の数だけに抑えられましたか。


 


 こもれびの皆さんは元気一杯に「鬼は外、福は内」と楽しまれ、写真撮影ではニコニコ顔でした。こもれびに出現した赤鬼はご利用者の皆さん全員に声をかけられ、記念撮影にも応じてくれた心やさしい赤鬼さんでした。

 
大牟田市の最高齢者のご利用者です。 私もお姫様だっこされた~い


お年寄りのこの満面の笑顔が福善そのものですよね。

栄養課も頑張った節分ランチ?に皆さん大喜びでした。