組織は人なり・・・新任職員集合研修で力をつけよう

  3月に2日間かけて22年度採用の新任職員の集合研修を行いました。

21年度はどちらかといえば随時採用者が多かったため、集合研修がずれ込んでしまい21年度末になって実施できました。


 これまでの新任研修のあり方は入職時のオリエンテーション時に法人理念などを1日かけて行います。その後、法人が運営する事業所の理解と仲間つくりを目的に各部署のローテーションを2週間行い、配属部署での研修に至ります。
 さらに5月に新任職員集合研修をおこなっていたのですが、21年度は各部署の管理者が研修テーマにそって講師を担っていく形で実施されました。管理者は人前で講義などの経験はほとんどありませんでしたが、どういう方法で伝えたらいいのかを自分なりに考え、新人職員も管理者も学びの多い研修になったようでした。


 


1日目(7時間:昼食および休憩含むまず)






































































研修テーマ


研修内容


自己紹介と


仲間つくり


演習


自己紹介と仲間つくり


最強コンビを目指して(卓球大会)


*地域交流拠点の意義と役割


*研修委員会について


法令順守


講義


介護サービスとは何か?


コンプライアンスと個人情報、福祉の原理、原則


生活環境


講義


環境に揺れ動く(影響される)心と体


私たちも環境の一部、素足の効果


*こもれび入居部の意義と役割そして実践報告


*栄養課の役割と業務そして実践報告


*食事委員会について


コミュニケーション


演習・GW


講義 


笑って笑って、しゃべってしゃべって、楽しく語ろう


テーマ=今はまっている事、こだわり


 心地よい気持ちになってもらうために大切なこと


 演習:お辞儀、表情、笑顔の作り方


*デイサービスセンターの意義と役割そして実践報告


*なかまちの家の意義と役割そして実践報告


*広報委員会について


食事


 栄養課の食事を食べてみよう


 高齢者模擬


体験


体験・GW


年を重ねるとどうなっていくの?


 模擬体験から高齢者の心理と身体能力を考えよう


理念の共有


GW・講義


理念=私たちを導いてくれるもの


法人理念を現場の中でどう展開しているか


*ふらねコパンの意義と役割そして実践報告


*それいゆサービス委員会について


リスクマネジメント


GW 


介護現場で頻発する事故


 事例を通して考えてみよう


*ヘルパーステーションの意義と役割そして実践報告


 まとめ


一日の振り返り


 


  
研修生の一番人気!?の高齢者模擬体験です。     転倒しないように歩くだけでも大変!!
    
巧緻機能(器用さ)が低下して、買うのも、食べるのも一苦労です。
2日目
(7時間:昼食および休憩含むまず)


研修テーマ 


研修内容


認知症介護


講義


GW


もし私が認知症になったなら


 認知症ってどんな病気?


 もし私に深い物忘れが始まったら・・・


*居宅介護支援事業所の意義と役割そして実践報告


*互助会について


ケアマネジメント


GW 


私たちを支える生活支援


排泄の失敗が多い利用者をアセスメントしよう


*ま・めぞんの意義と役割そして実践報告


*配食サービスの意義と役割そして実践報告


身体拘束


講義・演習 


身体拘束をしないことから見えてきた本人の姿


身体拘束を廃止してからの10年、継続していくためには?


*包括支援センターの意義と役割そして実践報告


食事


配食サービスの弁当を食べてみよう


職員の権利と


義務


講義


就業規則


①採用および人事異動 ②服務規律 ③休暇など 
④定年、退職および解雇 
⑧表彰および懲戒


接遇について


 


それいゆの職員としての品格


*リスクマネージメント委員会


急変時対応


講義・演習


介護現場における急変時対応と医学管理


日常の健康管理から急変時の対応まで


介護記録と


介護技術


講義・演習


介護記録の目的と実際そして介護技術


・情報共有のツールとして、法的根拠となる記録として


・利用者が安全に、安楽に介護を受けられるように


・介護職員自身の体を守るために


*地域とともにあること、地域の社会資源として


まとめ 


研修の振り返り


 
  終了後の意見交換では模擬体験と介護記録が一番の人気で、開催時期に関しては「現場を体験してからのほうが理解が深い」「配属部署の特徴や現状を自分の言葉で伝えることができる」などの意見から22年度は秋に実施する方向で考えています。


 
  

 

花より団子・・・こすもすユニットも花見をしました

 

42日、明治公園にてお花見をしました。


前日から、雨が強く降っていたのでお天気の事がとても気がかりでしたので、前日におっきな‘てるてる坊主’を作って、当日晴れるようにお祈りしました!
  

子どもに帰ったみたい!!   綺麗な桜とおいしい空気を堪能
お花見当日は雨も上がり、日も射していました。


「晴れてよかったー!!」「前の日雨やったけん心配したよ。」と皆さんもお天気の事を気にされていたようでした。


 


満開にはなっていませんでしたが、見事な桜でした。皆さんも、「ほ~!咲いとるねー!」「見事ね!」ととても喜んで下さいました。
  
桜を見ながら、特製お花見弁当を頂きました。

記念撮影  


みんなで食べると会話も弾み、「花びらが散ってるけど、桜吹雪みたいでいいよね」等、笑顔が絶えないお花見になりました。