こもれびに”よかもん商店街”がやってきた

  827()に大牟田市中心地区の商店街店主の方々が中心になって「大牟田市を元気にしよう」を合言葉に“よかもん商店街”が開催されたのですが、その記念すべき第1回目をこもれびで迎えました。この企画を考えられたのは“メガネの松永”の次期3代目店主の松永さんです。地域の商店主を一軒一軒まわり「商店街まで足を運ぶのが難しい方々のために商店街が出向こう。昔のように元気な大牟田を、元気な商店街を地域から発信しよう」と協力を呼びかけたそうです。
  
この写真は当日の商店街のほんの一部です。
8
27日当日は10商店主の方々が出店され、洋服や小物、果物やお茶、めがねにパソコンなどバラエティにとんだ“よかもん商店街”で、地域の方々やデイサービスのご利用者、こもれびやなかまちの家やま・めぞんで暮らしていらっしゃる方々が300人以上来店しました。職員も先を争って(?)買い物をしていたとか・・・。


皆さん真剣な眼差しで買い物をしていらっしゃいます。

 全国的にも珍しい取り組みとかでNHKRKBの取材もあったのでテレビでご覧になった方がいらっしゃるかも知れませんね。


もし、自分の地域(公民館)や施設でもと希望される方は「ご連絡ください。協力させていただければうれしいです。」と、松永さん。


 連絡先はメガネの松永   電話:56-8855

ちなみに次回の「よかもん商店街」は11月5日(金)13時からです

健康は口からやってくる・・・じゃんぐるジムの栄養指導

 

地域の元気高齢者向けの筋トレ教室では3ヶ月に1回、筋トレ後に栄養指導として調理活動があります。今回は夏野菜を使った調理で参加者16名全員が何かしらの活動ができるようにと管理栄養士があみ出した献立を皆さんでワイワイやりながらチャレンジします。


皆さんの平均年齢は75歳前後ですが、自宅では「嫁が作る」「娘が作る」「一人なので惣菜を買って食べる」という方が多く、男性の方に混じって料理はほとんどしないという人が思いの他沢山いらっしゃってちょっと驚きでした。


それでもこの日ばかりは皆さん張り切って楽しそうでした。
 
 


夏野菜のカレー、ほうれん草のグリーンカレー、手作りナン、
ゴーヤとナスのチャンプル、オクラと春雨のスープが今日のメニューでした。おいしそう!




2種類のカレーをご飯と手作りナンで頂くナンて
しゃれとーですよね。