町なかウォークラリー H24.11.8(木)

  今年も白光中学校2年生の生徒40名と地域のお兄様・お姉さまたちが城町のシャルール コパン(往復2Km)とゆめタウン(往復2.8Km)に分かれてペア・ショッピングに出かけまた。           途中で大牟田共立病院や郵便局、薬局に立ち寄り、いつもとは違う視線で住み慣れた町を歩き、いろいろな気付きがあったようです。                                                                                    ショッピングの道すがら、世代を超えたコミュニケーションがはから「いくつになっても恋愛!!」と思春期の少年には少し刺激的な教えをいただいたようです。

H24年度 新人研修を終えて

H24年11月15日~11月16日の2日間に渡って、新人研修を行いました。講師は、それいゆの管理職が担い、充実した研修となりました。

~研修のスケジュール~

1日目(H24年11月14日水曜日)        
時間 担当者 テーマ テーマ
9:00 理事長 開会挨拶 それいゆ新人職員への激励
9:10 統括部長 地域社会と福祉 福祉事業、介護サービスとは何か?  
  20分 講義 福祉の原理、原則    
9:30 施設長 研修の意義 福祉施設における教育の意義とは何か?  
  10分   人材育成の目的と目指すところ  
9:40 入居部 主任 コミュニケーション 笑って、しゃべって、自己紹介と仲間つくりしょう
  相談センター   主任 講義・GW コミュニケーションの方法は・・・   
  80分 演習 介護職が心得たいこと・共感するってどんなこと  
11:00 休憩(10分)          
11:10 入居部 課長 環境について 人を取り巻く環境ってどんなこと  
  50分 講義 それまで過ごされた人生の環境は?  
    GW  どんなところで過ごしたい?      
12:00 休憩(10分)          
12:10 デイサービス    主任 理念の共有 理念=私たちを導いてくれるもの  
  50分 GW・講義 法人理念を現場の中でどういかしていくか  
13:00 休憩(60分) 食事 こもれび栄養課の食事を食べよう(400円)  
14:00 救急救命士 急変時の対応 介護現場における急変時対応と医学管理  
  大牟田消防署(90分)          講義・演習                                                                                                                                         日常の健康管理から急変時の対応まで             
             
15:30 休憩(10分)          
15:40 ケアハウス  ま・めぞん    副主任 高齢者体験 年を重ねるとどうなっていくの?  
  シャルールコパン デイサービス管理者 体験・GW 模擬体験から高齢者の心理と身体能力を考えよう
  60分 講義・演習        
16:40 休憩(10分)          
16:50 入居部 主任 接遇について それいゆの職員としての品格  
  地域包括支援センター 副主任 ロールプレイ 笑顔と挨拶      
  60分 GW        
17:50 入居部 部長 まとめ 一日の振り返り    
              
2日目(H24年11月15日木曜日)        
時間 担当者   テーマ
9:00 ふらね・コパン 管理者 認知症介護 認知症ってどんな病気?    
  80分 講義・GW もし、わたしに深い物忘れが始まったら・・・  
10:20 休憩(10分)          
10:30 栄養課 主任 ケアマネジメント 私たちを支える生活支援(講議と実際)  
  居宅介護支援センター 副主任 GW センター方式の紹介    
  90分   食生活から支援できるQOL    
12:00 休憩(60分) 食事 こもれび栄養課の食事を食べよう(400円)
13:00 グループホーム なかまちの家  主任 身体拘束 身体拘束をしないことから見えてきた本人の姿
  70分 講義・演習 身体拘束を廃止してからの10年、継続していくためには?
14:10 休憩(10分)          
14:20 入居部 主任 介護記録 介護記録の目的と実際    
  ケアハウス   ま・めぞん   管理者 講義・演習 本人と家族の情報共有として、法的根拠となる記録として      
  90分   地域とともにあること、地域の社会資源として      
      介護技術=基本的な介護動作      
15:40 休憩(10分)          
15:50 栄養課 主任 リスクマネジメント 介護現場で頻発する事故    
  シャルールコパン グループホーム 管理者 GW 事例をとうして考えてみよう    
  60分   事故報告書の考え方と書き方      
16:50 休憩(10分)          
17:00 事務部 部長 職員の権利と義務 就業規則      
  40分 講義 ①採用および人事異動 ②休暇など  
      ③服務規律      
      (順守事項:個人情報・プライバシーの保護など)  
      遅刻・早退・欠勤・時間外および休日労働・出勤時間など
      ④給与、慶弔見舞いなど⑤定年、退職および解雇
      ⑥安全衛生及び災害補償⑦表彰及び懲戒      
17:40 入居部 部長 まとめ        
    記録・片付け                   

 

 全体の研修構成は受講生同士の意見交換もあるグループワークを中心にすえ、その効果はちょっとした休憩時間にも見られ、研修終了時には、完全に「お友達」になっているようでした。                            この2日間の集合研修での一番人気は、救急救命士による急変時の対応で、ダミーでの人工蘇生法・AEDの使用法が体験出来たことでした。次は身近な介護技術、介護記録、高齢者体験、接遇、理念など印象に残った講義だったという意見がありました。 

   ↑ 《ダミーでの人工蘇生法》                                      救急救命士の方の指導により、受講生一人一人が積極的に取り組みました・・・多分。

 

 

 

「怖いな~」 

 

 

 

 

「よく見えないよ~」

 

 《高齢者体験》                                                高齢者の身になって動きましたが、「前が見えずらい」「不安定」「階段を降りるのが怖い」と大騒ぎになりました

 

 

 

 

「あうん」の呼吸が大事!!      

 

 ↑《介護技術講習》                                             二人で移乗介助をしているところです。スタッフの「あうん」がないとご利用者は不安ですよね。

 この新人研修終了後はふらねコパンにある「かふぇマトロ」で上司抜きの懇親会があったんです。2日間を通して一番心に残ったことなどを発表しあい、食べてしゃべって、呑んでしゃべって、働く事業所は違えど・・・の仲間作りが出来たようでした。実は懐がさびしい新人たち、懇親会では法人からも半分は補助していただきました。                                                             

12月茶話会は餅つきでした ~デイサービスより~

新年明けましておめでとうございます。

今年初めてのブログは12月茶話会の「餅つき」をご報告いたします。年内最後ということで考えた茶話会のテーマはお正月の準備として、餅つき (*^_^*)を頑張りました。

 

 

 

 ついた餅はみなさんで鏡餅!!と 小もちに丸めました(●^o^●)

 ついた餅をちぎるのが難しいンです。 

 

 「餅とり粉ば中に入れんごとね!カビの生えるよ」といいながら、つくり 完成☆彡  です。

 

 

少しずつお正月に向けての準備が進み・・・

 

   

 午後からは,しめ縄作り藁からねじり、徐々にしめ縄に(*^^)v

 

 

 

 

お正月に向けて気分も上々↑↑ とともに完成(@^^)/~~~

「手先はひっこわったけどよか正月の来るたいね!」と笑顔も見られました。

 

 

職員も影ながら頑張り、見事なしめ縄を完成


 

 

 

 

 今年もいろんな方の協力の下、楽しいデイサービスを開催していこうと考えています(*^^)v  今年度もどうぞよろしくお願いします。

お近くにお寄りの際は、立ち寄ってくださいね♪♪