柳川をぶらぶら散歩♫~シャルールGH~

行ってきました!         水の都 “ 柳川 ” へ!!

話の発端は、昨年のだんごの会。 『だんごの会』っていうのは、簡単にいうとご利用者が言いたい放題言う会なんですが、そこで「どっか連れてってー。」の一言から、「さげもんの時期に柳川に行こう!うなぎも食べよう!」となっていた訳なんです。

沿岸道路を疾走!シャルールコパンからかんぽの宿まで25分で到着しましたよ。                左の写真は、かんぽの宿での一枚。職員の方が浮足立っちゃって、あちらこちらで記念撮影。さげもん飾りがホント可愛らしいですよね。

とは言ってもね・・・           この笑顔の先は・・・やっぱり美味しい食べ物なんですよね。はい、勿論うなぎです。でも職員の余計な配慮で、“ミニせいろセット”を注文しちゃって。ミニだったもんだから、皆さんホームに着く頃にはうなぎのことなんて忘れてありました!チャンチャンッ!

梅見会を開催しました~シャルールコパンデイ~

こんにちは、シャルールコパンでは猿渡健策さんより、寄贈していただいた梅の木(健策梅)があります。

そこで、先日健策梅の下で梅見を開催したところ、途中風が強くなり急きょシャルールコパンのデイフロアーでの梅見と宴会になりました。

 

 

 

 

 

 

ご利用者の方にも、手伝って頂き花見弁当27個つくりました。地域の方にも参加していただき宴会の始まりです。まずは、ご利用者の方よりお謡いを披露していただき乾杯の後には皆さんで、お花見弁当をいただきました、午後からは、カラオケ大会になり皆さん自慢の歌を披露されとても盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

今は、5月の梅実の収穫のことで利用者の方々と「梅干しばつくられるね」、「やっぱり梅酒がよか」と盛り上がってます。

何に変身するか今から楽しみで~す。

 

 

ひと夏の思い出 ~ふらねコパン~

 昨年のことで恐縮ですが、ホームページの変更後の初めてのブログです。

8月25日(土)シャルールコパンが開設して初めての行事となる「流しそうめん大会」にふらねコパンが勢ぞろいで参加してきました。そうめんだけは寂しいという声もあり、コパン特製弁当も用意^O^
当日、外は晴天行楽日和♪真新しいシャルールコパンへのお出かけにお弁当持って皆さん、ウキウキワクワク!!
中庭には流しそうめん用の竹がスタンバイ…「流しま~す」の合図に早々と竹のそばに歩み寄り、流れてくるそうめんを上手にキャッチ!(お見事です)
皆さん、子供に戻られたように無邪気な顔で箸も進みます。
その後のかき氷も赤(イチゴ)青(ハワイアンブルー)緑(メロン)をご自身でそれぞれ選ばれ、夏を満喫されていました。
おかげで、ひと夏の思い出が出来ました。

お座敷盆梅の可愛らしさに感激!~シャルール~

 みやま市山川町のお座敷盆梅を観に行ってきました。

今回お邪魔したのは“百畳敷の梅花園”さん。キャッチフレーズは“夢と現実の世界への誘い”。

百畳の座敷に鎮座した盆梅はそれはそれは立派で、色も形も様々。「わぁ、きれいかねー!」「ほぉ、美しかー!」と感嘆の声が絶えません。「色の濃いかとより、ちょっと薄かとがよかね。」「あの世に来たごたるね。」と、まさしく夢なのか現実なのか・・・この世なのかあの世なのかの区別さえ曖昧になりそうでした。

帰りは南関町の“いきいき村”に立ち寄って、名物の豆乳うどんと南関揚げ巻き寿司を食べて帰りました。

普段は“花より団子”気味な皆様ですが、この日は“花も団子も甲乙つけがたい”って感じでしたよ。

ちなみに、このお座敷梅のある山川町は私の地元です。まだ行ったことがない方は、ぜひぜひ遊びに行ってみてくださいね。