基本理念

 

同じ時間を、時代を生きる仲間たちと何気に歩いていく


ふらねコパンは大牟田市営新地東ひまわり住宅の一角にオープンした福祉事業の総称です。平成16年6月に大牟田市から新地住宅の建替えに際し「地域居住者の多様な生活支援ニーズに対応できる拠点施設として福祉施設の併設を考えている」とし、「市民ニーズや地域福祉の観点を踏まえ・・・ご意見を伺いたい」という内容の文章が送られてきたのが始まりです。


法人の理念である「この大牟田市で暮らし続ける」を実現するために何が必要か考え、大枠で子供と親のための子育て支援事業、地域住民の健康や集まりとしてのカフェテリア、誰もが利用できる多機能な介護事業を提案させていただきました。
募集要項にそって応募し、書類での一次審査、二次審査のプレゼンテーションとヒヤリングの結果、福祉事業者として正式に指名されました。「ふらね」はフランス語で「そぞろ歩く、何気に歩く」という意味で、コパンは「仲間」という意味があります。

「人はみんな自分の思い描く幸福に向かって歩いていきます・・・人生という路を家族と、友達と、恋人と、仕事仲間と、沢山の仲間たちと、これからもこれからも歩いていく。同じ時間を、時代を生きる仲間たちが何気に歩いていく」

ふらねコパンは最初の提案から3年の後、平成19年9月1日にオープンしました。

 

TEL 0944-55-5802 FAX 0944-55-5856