基本理念

 

地域の中でいきいきと輝いて暮らす


  シャルールコパンは大牟田市城町にオープンした介護予防拠点と小規模デイサービス、グループホームの総称です。「シャルール」はフランス語で“温もり”、「コパン」は“仲間”という意味があり、大牟田市新地東ひまわり住宅の一角に展開しているふらねコパンの妹分です。
 ここは、地域の方に気軽に訪れていただきたいフリーな空間と足湯、自宅より楽しみに通っていただきたいデイサービス、認知症になってもいきいきと生活できる居住空間が一体となった、子どもから大人まで多世代の方にご利用していただける新しい場所です。友達んちのように、茶店のように、公民館のように、気軽に立ち寄っていただけると嬉しいです。
 これから介護予防拠点として体操教室、3B体操、折紙教室、歌の会、茶話会など住民主体で運営していく予定です。